一級建築士事務所

株式会社 調査診断センター

お気軽にお問合せ下さい

096-365-9650

center@gaea.ocn.ne.jp

建物劣化調査・設計・監理

Investigation/Design/Management

なぜ調査が必要なのか?

劣化調査・診断を行う目的として、以下のものがあげられます。
①建物の不具合を調査で発見する。
②調査で発見した劣化を診断・解析し、原因を解明する。
③診断結果により、補修の方法を提示する。
建物も人間も、早期発見・早期治療が大切です。適切な処置を施すことにより、建物の寿命を延ばすことが可能です。その処置の方法を決める為に、劣化調査・診断が必要なのです。

調査内容

仮設

建物外壁全面が調査範囲となる為、高所の調査には仮設が必要です。
仮設を用いることによって打診・目視の精度が上がり、十分な結果が得られます。

  • チェア型ゴンドラ

  • デッキ型ゴンドラ

  • 高所作業車

目視・打診調査

建物を目視・打診調査することにより、建物に発生した劣化を発見します。主な劣化として、
タイル・モルタルの浮き、ひび割れ、欠損、内部鉄筋の腐食、塗装の劣化などが上げられます。

  • タイルの剥落

  • モルタルの剥落

  • ひび割れ

  • 鉄筋の腐食

  • 漏水による汚染

  • 塗膜のふくらみ

赤外線調査

赤外線カメラで撮影し、その画像データを解析することにより、
浮きやひび割れ等の発生を調査します。

  • 撮影風景

  • 可視画像

  • 赤外線画像

物性調査

物性調査を行い、建物の構造の問題・仕上材(タイル・モルタル・塗装)の接着状況を調査します。

  • 接着力測定

  • コンクリート強度測定

  • 不同沈下測定

防水調査

窓廻りのシーリング・外壁の目地・屋上防水等の調査をし、漏水事故の危険性の有無を確認します。

防犯調査

敷地内で死角になる場所、侵入に容易な場所等の調査を行います。
また、敷地周辺地域を管轄している交番に聞き込みを行い、犯罪傾向の調査も行います。

  • 防犯カメラ

  • 進入周囲の塀と建物の形状で
    ″死角″ができています

  • 塀を足場にして建物内へ

電気・設備調査

建物の照明器具・消防設備・電気設備の調査を行います。

  • 電気引込みBOX

  • 蛍光灯反射板腐食

  • 放水口鉄部腐食

外構調査

建物の外構(フェンス・塀・駐車場・駐輪場・ゴミ置場等)の調査を行い、
機能性・美観性の判断をします。

  • 白線の磨耗

  • フェンスの破損

  • アスファルトの沈下

バリアフリー調査

アプローチ廻りの段差や勾配の調査を行い、建物へ入る際の不具合がないかを判断します。

段差の調査・確認

給水・配水管調査

ファイバースコープを用いて、給水・配水管内部を調査し、
配管内部に不具合がないかを判断します。

大規模改修工事の流れ

調査機器

  • ハンディサーチ

  • 地中探査レーダー

  • デジシュミットハハンマー

  • 塩分試験キット

  • ハンマードリル

  • ファイバースコープ

Copyright(c) 2015 KUMAMOTO KENOH LITTLE SENIOR. All Rights Reserved.